スポンサードリンク

fx 基本知識 ロスカット



ロスカットとは、fx取引を行う上で、最も経験したくない事の1つです。2007年のサブプライムローン問題では、急な円高により、多くの人がロスカットという痛い目に合っています。fxでロスカットとは、取引に必要な保証金金額が更に下がり、fx業者が取り決めた割合いを下回った場合に強制的にポジションがすべて反対売買により決済されるというものです。投資者の1つの口座状況を評価した際に、あるfx業者では実質保証金合計額が必要保証金合計額の25%を下回ったときに、その口座内の投資者のポジションを全て自動的に決済するというしくみのことです。

損失を一定の範囲で抑えるためにロスカットを設定していますが、相場の急激な変動によっては、25%にとどまらず、資産以上の損失が発生する可能性になることがありえます。fxとは、リバレッジを効かして大きな利益を得られる半面、大きな損失を受ける可能性のある取引でもあると言えます。そこで、損失を拡大させないためのルールを設けたのが「マージンコール」と「ロスカットルール」です。信用取引で言う、「追証」のようなものと言えます。fxではロスカットにならないために実質保証金合計額と必要保証金合計額との関係が悪くならないようあらかじめ余裕を持って保証金を預けることがロスカットを回避する方法の一つではあります。

fxでロスカットにならないようにするためには投資者の持つポジションや預入金額によって変わりますので、「いくらなら」、ということはないのですが、fx資金の限度額いっぱいまでポジションを持ったりせず、ロスカット水準が近づいてきたら、素早く対処する、といった対応を行うことが重要となると思います。fx取引では、レバレッジを効かすことにより大きな利益を得ることもできますが、非常に大きな損失を被る可能性もあるので、ロスカットを上手に使い損失を最小限に抑える事も必要です。




posted by 投資家 at 16:29 | Fx 基本知識

スポンサードリンク

fx 基本知識 マージンコール



FXは世界情勢に動きがあると大きく変動するため、顧客の財産を守るためにリスクを回避するためのシステムとしてマージンコールがあります。マージンコールが発生するということは、ロスカットが迫っているということです。fxのマージンコールとは、取引に必要な保証金金額が、業者が取り決めた割合いを下回った際に、出される警告のことです。つまりこのまま相場が下がると証拠金の○○%を割り込んでいますという警告です。マージンコールの基準やそのときの処置は、fx業者によって違っています。また、マージンコール自体を採用していないfx業者もあります。

マージンコールが発生した場合には、翌銀行営業日までに維持率を回復するだけの金額を入金するか、これ以上損失がでないようにこの場で決済してしまうのかを選ぶのが一般的です。更に証拠金を大きく割り込んでしまうとfxでは、証拠金を追加するかという選択肢はなくなり、強制的に決済をしてしまうことがあります。これを「強制ロスカット」といって、損失が膨らんで証拠金からマイナスになってしまうことから投資者を守るしくみが出来ています。

fxのマージンコール、強制ロスカットの基準は、レバレッジの設定と深い関係があるということです。あるfx業者の例では、リスク管理を助ける目的で、マージンコール制度を設けています。fx投資者の口座に対して、30分おきに時価評価(値洗い)を行なっているようです。このうち、毎営業日午後3時時点の評価損の合計金額が、fx投資者が預けられている資産の半分の額を上回っていた場合(=口座の維持率が50%を下回っている場合)には、その資産の担保力がいちじるしく低下していると判断し、fx投資者に対して警告のメールを送信するそうです。これがマージンコールと呼ばれるものです。

為替レートの変化はとても激しく、大きな損失を出してしまう可能性もあります。マージンコールは、FX取引を始める人にとって十分に注意しておかないといけないシステムです。


posted by 投資家 at 14:01 | Fx 基本知識

スポンサードリンク

Fx 基本知識 通貨ペア



少ない資金で多額の外貨を運用できることがFX外為取引の魅力です。fx取引で利益を上げるには、外貨をうまく運用することが必要であり、そのためには通貨ペア選びがとても大切になります。多くの通貨の中から、通貨ペアを選ぶにはポイントがあります。fxの通貨ペアとは、売買する2国通貨の組み合わせを言います。

fxでは円と外貨以外に外貨同士の組み合わせもあります。たとえば、USD/CHFの取引をした場合で、プラス収支でポジションを閉じるとすると、この時はCHF/JPYの円相場によって最終的に受け取れる円の額が変わってくるのです。fx業者の中には数種類〜数百種類の通貨ペアを取扱っているところも有りますが、実際に外為fxトレードを行なう通貨ペアは数種類になると思います。また、発展途上国などの比較的流通量の少ない通貨ペアは政治的混乱や自然災害などが発生した場合、カントリーリスクや価格変動リスクが非常に高くなりますのでfxでは危険性があると思います。

fxで利益を出す方法は売買による差益とスワップポイントの蓄積と言われています。どちらもおろそかにすることはできませんが、通貨ペアによってどちらを優先して狙うべきかは変わってきます。fxで売買による差益で利益をだすにはユーロドル,ドル円,ポンドドル,ドルスイスなど、ドルを絡めた通貨ペアで取引をするのが最近の傾向だと思います。

fxでスワップポイントの蓄積で利益をだすにはスワップポイントを通貨間の金利差が大きくなるような組み合わせを考えることです。例えば豪ドル円,ニュージーランドドル円,ポンド円といった通貨ペアになります。日本円以外でもスイスフランも低金利ですのでスイス絡みの組み合わせ通貨ペアも考えられるところです。まずは、自分が売買による差益と、スワップポイントの蓄積とどちらで資金を運用するのかを決めることでしょう。


posted by 投資家 at 21:11 | Fx 基本知識
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。